ラクトフェリンの便秘対策力

ラクトフェリンの便秘対策力

ラクトフェリンは便秘対策の真の実力者

今巷で注目のラクトフェリン。そのラクトフェリンの効果としてまずお話したいのは便秘改善効果についてです。
ラクトフェリンには、腸内環境を正常化する働きがあります。腸内であばれる君のように暴れている大腸菌を始めとする悪玉菌。悪玉菌が腸内に増えると便秘になるだけでなく、腸内環境の悪化によって、口臭や体臭にまで悪影響を及ぼす、つまり体から発する臭いがきつくなります。しかしながら、腸内には悪玉菌だけでなく、善玉菌という細菌も同居しているため、菌を一気に排除することはできません。ラクトフェリンは、この悪玉菌だけをやっつけてしまう力がありますので、善玉菌だけはそのまま腸内に温存できるというわけです。
悪玉菌がいなくなった腸内では、活発にぜん動運動が始まり、適切に排泄が促され、見事!便秘解消というわけです。考えてみると、悪玉菌の存在だけで、腸内で便秘になる環境ができ上るだけでなく、口臭や体臭といったものにも悪影響があるなんて、文字通りなんて悪いヤツなんでしょうか。これじゃあ、どんなにバラの香水を付けても、どんなに石鹸でごしごしと体を洗っても、どうしようもないということですよね。ラクトフェリンの便秘改善でお話してみると、こんな効果まで見えてきましたね。

ラクトフェリンは今最も注目されているサプリメント

巷に数あるサプリメントの中で、今注目を集めているのがラクトフェリンです。
ラクトフェリンとは、簡単に言うと、母乳の中に含まれいている糖タンパク質のことです。このラクトフェリンがなぜこんなに人気なのかと言うと、健康だけでなく、美容にも絶大な効果を発揮してくれる、まさに私たち現代人にとって美と健康の救世主となってくれるからです。効果について思いつくままに書き連ねてみても、前出の便秘解消、整腸作用、ダイエット、内臓脂肪解消、ウイルス性の病気に強くなる、免疫力アップ、などなど。どうですか!これだけ見ても、ラクトフェリンってなんて万能なんだろうと驚きますよね。
もちろん、サプリや補助食品での摂取となると即効効果があるというよりも、少し長い目で見て体の中から変わりましょうというものですので、ある程度の期間がないと、結果が見られず、少々不満に思う方もいるかもしれませんが、それでも、これからの残りのン十年の人生のためにも、今から手軽にラクトフェリンで体質を改善できたらいいですよね。それでは、ラクトフェリンビギナーの人も、もうすでに愛飲者の人も一緒に、これから更に具体的にラクトフェリンの魅力を見ていくことにしましょう。

 

ラクトフェリンの効果紹介サイト

ラクトフェリンのマルチな力

ラクトフェリンの効果。続いては基礎体温のアップというお話です。前出のように、ラクトフェリンは腸内環境を整えて大腸が活発に動くお手伝いをします。腸が活発に動くようになると、内臓全体が活発化してきちんと動いてよく仕事をするようになります。動くという動作は内臓であれなんであれ、熱量を生みます。この熱量はもちろん、私たちのエネルギーとなり、それだけでカロリーを消費することになります。と、いうことで、ラクトフェリンには、基礎体温を上げる効果があるというわけです。
基礎体温が1度上がると、人間の免疫力はなんと30%も上昇するんです。単純に言うことはできませんが、例えるなら今まで年に10回風邪を引いていた人が、年に3回は風邪を引かなくなるということです。・・・、例えで余計分からなくなってしまったかもしれません・・・。とにかく、体の中が、自分でよく働くようになれば、体温もアップし、ひいては免疫力もアップするなんて素晴らしいことではありませんか。これぞ、”正”の合併症と言えるもの。
こんなにいいことづくめなら、いつでも大歓迎ですよね。魅力満載のラクトフェリン。こんな効果のオンパレードを見れば、今の注目度は納得です。

 

ラクトフェリンの効果紹介サイト

ラクトフェリンは菌を選ぶ

ラクトフェリンの殺菌効果で腸内の悪玉菌を退治するというお話。このお話を聞いて、では善玉菌は?と思ったあなた。その疑問、大変鋭いです。その謎を解明するためには、悪玉菌と善玉菌の食べるものの違いを見るとよく分かります。
悪玉菌は体内の鉄分と結合することにより成長(増殖)する菌です。一方の善玉菌の増殖には鉄分は全く関係ありません。ラクトフェリン自体には鉄分は入っていませんが、ラクトフェリンは好んで鉄分とくっつきやすい成分です。腸内に入ったラクトフェリンが鉄分と結合すると、悪玉菌が結合できる鉄分は不足します。結合できる鉄分が不足するため、結果悪玉菌は増殖せず、腸内から消えてしまうというわけです。同じような名前をしている悪玉菌と善玉菌ですが、好みが違って助かりました。
鉄分は主に私たちの血液に必要不可欠な栄養素ですので、摂取しないわけにはいきませんが、同時にラクトフェリンを摂取することによって、悪玉菌に取られることなく、更に腸内の悪玉菌を退治してくれる効果があるので、ラクトフェリンを毎日の生活に取り入れることは、腸内環境にとってとても効果があるということが分かります。腸内環境の正常化は、私たちの健康を維持するためにとても大切な要素なのです。

腸内環境正常化とはどんな環境か?

腸は口から摂り込んだ食物が胃で消化された後、具体的に体の中に吸収、不要なものをまとめて老廃物として排泄する準備をする大切な器官です。
皆さんご存知のように、大腸と小腸という二つの腸があります。それぞれの役目を簡単に説明すると、小腸はぜん動運動を繰り返しながら食べ物と消化液を混ぜていく作業をします。大腸は、体に不要なものを混ぜながら水分量を整えて、排泄する準備をします。因みに人の腸は伸ばして真っすぐにすると5〜7mもの長さがあり、それを幾重にも折りたたんで(?)お腹の中にしまっているのです。
腸内環境正常化という言葉は、最近テレビコマーシャルでもよく聞かれる言葉です。私たちは漠然とですが、腸内の悪玉菌を減らし善玉菌を増やすのが腸内環境を良くするものという理解ですが、果たしてそれだけなんでしょうか。腸内環境を良くするためには、腸をきちんと動く状態にしていなければいけません。悪玉菌を除くことももちろんですが、内臓の筋肉を温めたり鍛えたりすることも大切です。因みに筆者もラクトフェリンと出会うまでは、いつも胃や腸の辺りが冷たいお腹の冷え性でしたが、ラクトフェリンと出会ってからは、お腹はいつもポカポカしてて、快腸が実感できていますよ。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ